本日新宿にある「ゴリラクリニック 新宿本院」に脱毛の施術を受けに行きました。

CMはこちら

JR新宿駅の甲州街道改札から出て徒歩5分ぐらいで到着します。

公式ホームページでも徒歩4分と記載されているので、記載通りだと思います。

5階に上がると入口に履き替え用のスリッパがあるのですが、ボタンを押すとその都度出てくるタイプだったので、クリニックとして本格的な感じがしました。

受付に行くと女性のスタッフの方に対応していただき、問診票を記入します。記入が終了後番号札を渡されます。

記入後約7、8分待ち時間がありましたが、待ち合いスペースに無料で飲める紙カップ式の自販機があるので、少しリッチな気分になりつつコーヒーを飲みながら待ちました。(ウォーターサーバーもあるので、至れり尽くせりです^^)

自分の番号を呼ばれて診察室に入っていくと、受付の時対応してくれた女性の方が再びカウンセラーとして脱毛についての説明をしてくれました。

以前脱毛体験した「コスメディカルクリニックシンシア」も丁寧だと感じましたが、
その倍ぐらい詳しく丁寧な説明だと思います。

 

カウンセリングが終わった後、医者(男性)の方が入れ替わりでやってきて、医療の観点からの説明をしてくれます。ただ、カウンセラーの方とそれほど変わりない説明だったので、形式なことだったのかなと思いました。

一旦待合室に戻り、すぐ施術室に入ります。

実際に施術してくれたのは、先ほどのお医者さんではなく女性の看護士さんでした。

「あれ?」と一瞬思いましたが、個人的にはどちらでもかまわなかったので、特に問題なしです。

施術前に顔写真を撮ります。効果の有無でトラブルを避けるためだそうです。
(受刑者が撮る顔写真のイメージです笑)

その後ベットに仰向けに寝て、施術を受けます。

今回僕は「メディオスター」という脱毛器具での施術を選択しました。

その理由として、前回体験した「アレキサンドライトレーザー」が物凄く痛かったからです汗

メディオスターはアレキサンドレーザーと比べて痛みが少ないという情報がありましたので、アレキサンドライトレーザーの半分ぐらいの痛みを想像していました。

鼻下のみの施術だったので、鼻下部分にジェルのような液体を塗られます。

器具を鼻下に乗せられ、スライドするように光を当てられます。

 

え、めちゃ痛いんですけど涙

 

 

アレキサンドライトレーザーとは違う系統の痛みですが、結局痛いのだと少し残念な気持ちになりました涙

例えるなら、インベーダーゲームの光線が何回も鼻下に直撃している感じです笑

出典:インベーダーゲームの作り方

「痛くない」とネット上に書かれていることが多いですが、それは昔からある技法と比べて痛くないということだと思います。

アレキサンドライトと同じで痛いのには変わりありません。

なので、「評判通り痛くないんでしょ?」と思って行くと痛い目に合ってしまいます(涙)

とはいえ、アレキサンドライトのような衝撃度の高い痛みはないので、少しでも痛くない脱毛を望むならメディオスターの一択となるでしょう。

施術が終わった後は、受付で手続きを済ませすんなり帰宅です。(いわゆる勧誘行為はありませんでした)

まとめ

「ゴリラクリニック 新宿本院」の感想として、

  • お店の雰囲気に高級感がある(ドリンク飲み放題^^)
  • 施術前のカウンセリングが丁寧
  • 痛みが少ないとされている「メディオスター」でも普通に痛い(個人差あります)
  • お手軽値段の「体験コース」のようなのがなく、1箇所やるだけでも1万ぐらいかかるので、TBCの体験やシンシアの体験に比べて高く感じる
  • 受付の女性、カウンセラーの女性がやたら美人なので、関係ないところでも得した気分になれる笑

のような感じです。

芸能人やスポーツ選手も通っているみたいなので、知名度的にはある程度高いみたいです。

(アンジャッシュ児嶋やアンタッチャブル柴田など)

ゴリラクリニック