脱毛には数多くの施術方法があるのをご存知でしょうか。

まずセルフケアについて取り上げてみると、ワックスやクリームを使用するものに加え、家庭用脱毛器や毛抜きなどが挙げられますが、これらについては皆さまも詳しく知っていると思いますので、以下ではそのほかの脱毛方法についてご紹介していきたいと思います。

まずは光脱毛についてですが、こちらはもっとカッコよくフラッシュ脱毛と表記されていたりするものであり、主にサロンで行われている施術方法となります。

皆さまも昔、ルーペなどで黒色の紙に焦点を向けて穴をあけた経験があることかと思います。これと同じような原理を応用して、私たちの体毛は黒色であることから、それらに光を当てて肌の表面に伸びている毛を減らしていくのが光脱毛です。光脱毛はそれほど痛みを感じないのですが、施術の特性上のデメリットとして、もともと体毛が薄い場合や1本1本の色素が濃くない場合にはそれほど効果を実感できないことが挙げられます。

続いて、レーザー脱毛については医療機関(クリニック)のみで受けられる施術となっており、黒色または茶色に吸収されるレーザーを毛根に照射していく脱毛方法となります。施術について意思が事前に判断してくれることもあり、とても安心して受けられるのではないでしょうか。広範囲の施術に適しており、背中やヒザ下などのケアに向いています。医療機関と聞けば、施術しているサロンは皆無なのではと思ってしまうかもしれませんが、決してそんなことはありません。脱毛の施術をおこなっているサロンが医療機関である場合も多く、予想以上に選択肢が豊富に用意されています。

最後に、ニードル脱毛という施術法があります。こちらは専用のニードルに電流を流し、毛根へ直接働きかけて脱毛していく方法です。施術の特性上、一本ずつのケアとなってきますので、もともと本数の少ない部位のための施術としておススメといえるでしょう。

これらの豊富な選択肢より、自分にピッタリのものを見つける方法としては、仕上がりや優先したいポイントなどを整理しておき、それらを基準としながら施術法を選択していくことに他なりません。

痛みを感じないよう施術を進めたいのか、金額を重視するのかに加え、施術希望個所がどこかによっても選ぶべき施術方法は変わってくるものです。自分自身が求める理想の仕上がりをイメージしながら、現実的な各種の要素と照らし合わせ、それぞれにとって最適な脱毛方法を選んでいきましょう。

Similar Posts: