毛深い男性がモテるかどうかについては女性個人の好みの問題かもしれませんが、やはり度が過ぎると敬遠されてしまうことでしょう。

毛に限らず、どのような要素においても少数派に属していることは、その他大勢からすると敬遠材料となってしまいますので、毛深さについても人並み程度であることは必要となってくるのではないでしょうか。

例えば、胸毛は海外では存在していても何ら不思議ではない印象を持ちますが、日本ではそのような認識は持たれません。なぜかツルツルが当たり前と認識されていますので、無いに越したことはありませんよね。海外でも胸毛を脱毛する人がいることを考えれば、胸毛がないことが理想的だと考える価値観は世界共通なのかもしれません。

胸毛は脱がなければわかりませんが、袖口からのぞく腕毛や手の甲、指に生える毛は人目に付くため、コンプレックスを感じるシーンも少なくないのではないでしょうか。誰もが生えているものですが、やはり濃すぎると敬遠する女性も多くいるようです。きっと、そのような女性にとっては夕方になるとヒゲが青々していたり、背中に毛が生えていたりなどは論外とされることでしょう。

具体的なデータを挙げるならば、“しらべぇ”というアンケートサイトが2015年に多数の女性から毛深い男性が好きか嫌いかの調査をおこなっており、この結果、20代の女性のうち14.5%、30代であれば10.6%、40代以降は5%程度しか、毛深い男性が好きであると答えていません。つまり、少なくても85%以上の女性が毛深い男性を敬遠しがちという驚愕の結果となっており、何らかのケアが求められているといっても正しいのではないでしょうか。

では、ツルツルになればモテるのかといえば、そうではないようです。女性にとってムダ毛処理は当たり前であっても、男性が徹底しておこなっていれば、それはそれで別物とのこと。メンズホロスというサイトがおこなったアンケート結果では、ツルツル支持派は5.8%ほど。60%近くの回答が、“清潔な程度にさりげなくケアしてほしい”というものでした。

以上より、毛深くてもツルツルでもダメとされているわけですから、体毛の量が適切であるようにコントロールしていかなければならないようです。エステやクリニックで受けられる脱毛ケアであれば、残しておく毛の量なども調整できますのでおススメといえるでしょう。サロンでは必ずといっていいほどカウンセリングがあるものですので、その際に希望する仕上がりイメージを事細かに伝えていってみてはいかがでしょうか。

Similar Posts: