男性なら毎朝の日課となっている髭剃り。入念にやると結構時間がかかるもので、面倒で嫌だと考える方も少なくないでしょうね。それに、しっかり剃っているにもかかわらずどうしても残ってしまうのが青ひげです。ならばおしゃれひげのように部分的に伸ばして、髭の手入れをしてみたいところですが、接客や接待など仕事柄自由に髭を伸ばせないという方も多いはずです。

このように男性であれば、一生付きまとうのが、髭の悩みといえるかもしれません。髭というのはそもそも男性らしい象徴のようなものですが、今はゴツゴツした髭面よりも、ツルツルした髭のない顔のほうが女性にもモテやすいですね。特に、青ひげなんて不潔で貧乏くさいイメージがあって、女性からもっとも嫌われるものかもしれません。

ではなぜ青ひげが起きてしまうのでしょうか。髭というのは、体毛の中でももっとも硬くて太い毛なのです。そのために、しっかり深剃りしたにもかかわらず、皮膚の中に残った髭が青く見えてしまうのですね。つまり、どれほど丹念に剃ったとしても、青ひげはなくならないということなのです。

青ひげを目立たなくする方法としては、白い肌だと余計に青ひげが目立ちやすくなるので、日焼けをする。あるいは、女性のようにファンデーションを顔に塗るといった方法が考えられます。しかし、どれもその場しのぎの感じは否めません。

それならば、抜本的な方法として、医療クリニックのレーザー脱毛により、毛根ごと処理してしまえばどうでしょうか。確かに、最初は髭を脱毛するにあたり、手間と費用がかかりますが、長い目で見た場合、毎朝の髭剃りも、それに伴うシェーバーの購入や手入れなどはなくなるので、かえってお得かもしれませんね。

クリニックで行う医療レーザー脱毛というのは、文字通りレーザーを青ひげが生えている毛穴に当てて毛根にダメージをあたえて行くというものです。毛穴に対して、より深く、直線的にレーザーを当てるので、メンズエステサロンで行う光脱毛よりもさらに効果的だといわれています。(そのかわり、レーザーの方が確実に痛いです涙)

いきなり顔全体を脱毛するのは大変という方は、口の周りとか部分的にまず試してみるのも良いでしょう。青ひげがなくなったときの自分の顔は、まるで数年前に時間が戻ったようなスッキリとした印象に変わっているはずです。もう、好きな女性の前に出て行っても、物怖じする必要はありません。新しい自信に満ちた自分に生まれ変わることで、多くの女性からモテそうな予感がしてきませんか!

Similar Posts: