1.メリットは何か

脱毛という言葉はよく聞かれますが、この脱毛とは永久脱毛の意味合いで使われるのがほとんどです。クリニックなどで施術してもらって毛が生えてこない状態にすること、つまり永久脱毛が一般的に使われる脱毛の意味ですが、実際には他の意味合いもあります。

永久脱毛以外に、一時脱毛、擬似脱毛といった言葉もあり、一時脱毛は毛抜きで毛を抜いて一時的に毛を処理することです。擬似脱毛は言葉だけを聞くと何のことかイメージできないと思いますが、これをやっていない人などまず存在しないと言ってもよいでしょう。カミソリで毛を剃る、あるいは電気シェーバーで毛を剃る、これは生きていく上では必須ですよね。また、除毛クリームで毛を処理するなんて手もありますが、これらの毛の処理方法のことを擬似脱毛と呼びます。

このような、一般的な毛の処理方法を脱毛と呼ぶことに違和感はありますが、擬似脱毛のメリットはさほどコストがかからない点です。除毛クリームはカミソリや電気シェーバーと比べると高くつきますが、それでも支払いをためらうほどのものではありません。

2.デメリットと永久脱毛との比較

一方、擬似脱毛のデメリットは、肌にとっては負担が大きく、将来的な肌荒れに繋がりかねない点です。電気シェーバーなら肌へのダメージはほとんどありませんが、カミソリや除毛クリームは肌への負担が大きく、これは大きなデメリットです。また、カミソリの場合は出血の恐れもあり、肌があまり強くない人にとっては悩ましいところです。

そして、先に書いたことと矛盾しているように感じられるかもしれませんが、擬似脱毛のデメリットで大きいのがコストの問題です。短期的に見れば確かにコストはさほどかかりませんが、長期的に見ると出費は馬鹿になりません。10代からずっとカミソリや電気シェーバーを使い続ければ、当然ながら30代、40代と年齢を重ねるにつれて出費は増える一方です。

逆に、レーザー脱毛などの永久脱毛は短期的には莫大な費用がかかるので、なかなか手が伸びないかもしれません。しかし、ひげのように毎日処理するところの永久脱毛に成功すれば、以降はコストがかからないというメリットもあります。短期的に大きなお金を用意するのが難しいというのが大きなデメリットではあるものの、長期的に見れば永久脱毛は決して高くはありません。現在、擬似脱毛の毛の処理方法でどのくらいのお金がかかっているのか、あまり意識していない人が多いと思いますが、ぜひ一度コストを計算して確かめてください。

Similar Posts:

  • 脱毛法「永久脱毛」とは?
  • 1.意外な定義 永久脱毛、このフレーズは脱毛関係でよく使われています。しかし、永久脱毛には一般的な意味と厳密な意味の2…

  • 脱毛法「一時脱毛」とは?
  • 1.毛を抜く処理法 毛抜き、ピンセットなどで毛を抜いた経験を持っている人は、それなりに多いと思います。このように毛を抜…

  • 芸能人も脱毛している!
  • 1.こんな有名人が告白済み 女性芸能人なら脱毛していても何の不思議もありませんが、最近は男性芸能人で脱毛している人も珍…