1.痛みの違いについて

脱毛のデメリットの1つが、痛さです。全く痛くなくて脱毛の効果もあるなんて便利な方法はないので、痛みに耐えないといけません。どのくらい痛いのか、これは主観によるので具体的に説明するのは難しいのですが、レーザー脱毛の痛みは輪ゴムで弾かれた程度とよく言われます。

個人的にひげ脱毛を体験した経験から語らせてもらうなら、輪ゴムで弾かれた痛みというのは適切ではありません。もう少し痛みは強烈で、皮膚の奥の方をグリグリと突かれているような感じでした。痛みの感じやすさは人によってだいぶ違うので参考になるとは限りませんが、相当に痛いのは事実です。

ただ、部位と毛の濃さ、量によっても痛みはだいぶ変わって、代表的な痛い部位が鼻下です。鼻下以外にもVIOライン、膝は痛みを感じやすい部位とされているので、覚悟を決めて施術してもらいましょう。

男性で脱毛を考えているなら、毛が多い状態だと思われますので、相当に痛みを感じるはずです。痛みのことだけを考えるなら毛が薄めな女性をうらやましく感じるのですが、毛が減れば痛みの方もある程度は落ち着いてきます。

全く施術を受けていない場合、施術が1回だけの場合は相当に痛みを感じますが、毛が減ってくれば次第に我慢できる程度の痛みになるので、4回目か5回目くらいにはだいぶ余裕が出てくるはずです。最初の方の痛みをどう乗り切るかがレーザー脱毛のポイントですが、クリニックでは麻酔を使えます。

2.麻酔は欠かせない

麻酔がどれくらい効くのかは未知数で、あまり効果がなかったなんて声も聞いたことがあります。初回から3回目の施術では麻酔を使いましたが、個人的にはそれなりに効果を実感できました。利用したのは笑気麻酔で、特殊なガスを吸い込むうちに痛みを感じなくなるというタイプです。

とりあえずは麻酔なし、痛みを感じたら麻酔をするという感じで施術に臨みましたが、痛くて麻酔なしは無理でした。笑気麻酔が始まると頭がぼーっとしてくるので、さほど痛みを感じることなく、いつの間にか施術が終わっていたって感じです。

歯医者でも使われている笑気麻酔ですが、頭がクラクラするような感覚が受け付けないって人もいると思います。他にはクリームによる皮膚麻酔などもあるので、カウンセリングの時に麻酔について詳しく尋ねてください。麻酔の代金もそれなりに高く、ためらう人もいるかもしれませんが、痛いとされている部位は麻酔なしでは相当に厳しいと思います。

Similar Posts: