1.対策が難しいのが難点

脱毛を決意するきっかけは人それぞれですが、青ヒゲが原因という人は多いのではないでしょうか。僕がひげ脱毛を決意したきっかけの1つは青ヒゲなので、同じ悩みを抱えている人は多いはずです。海外で青ヒゲがどう思われるのかは分かりませんが、日本だと青ヒゲって本当にいいことがありません。不潔だと思われて異性からの好感度が下がる、仕事でも悪影響が出る場合があるなど、デメリットだらけです。そのデメリットのせいで自分に自信をなくすといった負の連鎖もあるので、本当にメリットが見いだせません。

デメリットだらけなら対策すればよいのですが、問題は青ヒゲを対策するのがほぼ不可能に近い点です。皮膚の下に残っている毛が青ヒゲの正体なのですが、徹底的に剃っても皮膚の下まではどうしようもありません。一応、コンシーラーで隠すといった方法はあるものの、これは隠しているだけで根本的な解決にはならないのです。何で男なのにコンシーラーを使わないといけないのか、といった感覚に襲われることもあると思います。結局のところ、青ヒゲを根本的にどうにかするには毛が生えてこない状態、つまり脱毛に踏み切るしかありません。脱毛で毛が生えてこない状態にしてしまえば、青ヒゲの悪影響に悩まされることもないのです。

2.解決するとは限らないが

青ヒゲのコンプレックスを解消するには、開き直るか脱毛で対処するくらいしかありませんが、開き直るのはほぼ不可能だと思います。何だかんだで青ヒゲへの辛辣な意見は多くありますし、よっぽど精神的な強さがないとやっていけないはずです。結局のところ、開き直るのが難しいなら脱毛で青ヒゲにならないようにするしかなく、コンプレックス解消のためにお金がかかります。コンプレックスで悩まされている上に、さらに高額なお金も必要と踏んだり蹴ったりに感じられるかもしれませんが、そのまま放置しても青ヒゲが解消されることはないので、コンプレックスを抱えながら生きるしかありません

注意点としては、青ヒゲが解消されたからといって今後の人生がうまくいくとは限らない点が挙げられます。青ヒゲの影響で対人関係などに難が出ているなら、青ヒゲがなくなってもコンプレックスはそのままです。青ヒゲをなくすのはこれ以上のコンプレックスの悪化を防ぐためで、最終的には自分自身でコンプレックスをどうにかする必要があります。脱毛をしてもコンプレックスを解消できる人は決して多くはないとは思いますが、それでも何とかしたいと感じているなら脱毛に踏み切るとよいでしょう。

Similar Posts:

  • 体毛の役割を理解しよう
  • 1.過去には重要な役割を果たしていたが 毛が濃い人からすれば、体毛は疎ましい存在です。この体毛がどんな役割を持っている…

  • 脱毛して後悔している人っているの??
  • 脱毛をして後悔しない為に 脱毛してお肌ツルツルぴかぴか見た目も綺麗でモテ要素バッチリなはずが、いい事ばかりではないのが…

  • 脱毛ワックスの効果は?
  • 1.どんなメリットがあるのか 脱毛ワックスは、一般的にはブラジリアンワックスと呼ばれています。ブラジリアンワックスを溶…