【かなり見栄えの悪い乳輪のムダ毛は処理するに限る】

女性から見て男性の毛というのは清潔感がないというイメージで、引かれてしまう原因となりますが、特に胸毛などはその印象が強いものです。胸毛は男らしさのシンボルと見る人もいますが、日本人の中では少数派と言えるでしょう。中でも乳輪の毛というのは決して見た目に良いものとは言えませんので、プラスイメージになることはなくマイナス評価です。乳輪に生える毛はほとんどの場合、しっかりとまとまって生えているのではなく、数本だけ生えているものですので、余計に清潔感の欠如、手入れがなされていないという雰囲気を与えてしまいますので、NG条件となります。やはり、この部分のムダ毛は処理してしまうに限るものです。

そんなに大変な処理ではありませんので、乳輪の毛は自分で脱毛することができます。普段人に見られる部分ではありませんが、見られた時のインパクトは強いものがありますので、普段から気を遣って脱毛をするのがベストです。特に露出が多くなる夏の前には、しっかりと処理をしておくようにしましょう。

【肌のトラブルが発生しやすいところでもあるので丁寧に脱毛する】

脱毛する方法はいろいろありますが、この乳輪の周囲は肌がデリケートですので、丁寧に行う必要があります。男性が脱毛をする方法としては、カミソリやシェーバーを使って毛を剃るというのが最も一般的です。確かにその方法でも良いのですが、雑にすると肌に炎症を起こしたり、下手をすると傷をつけてしまったりすることがあります。この部分にトラブルがあると、シャツですれやすいところですので、普段の生活でかなり不快な思いをすることになります。そのため、毛を剃る前にクリームを塗ったり、刃を当てる角度に気を付けて、ゆっくりと丁寧に行ったりするようにしなければなりません。

【こまめに手入れをすることが肝心】

カミソリやシェーバーなどの他には脱毛クリームを使うこともできます。ただし、刺激の強いタイプだと皮膚がヒリヒリしたり、炎症を起こしたりすることもありますので注意が必要です。どのような方法を用いるにせよ、乳輪の脱毛はこまめにすることが大事です。濃い毛ですので毛が生えてくるスピードも速いですし、少しでも生えていると見た目的にあまりよくありません。男性の場合は、あまり脱毛をすることが習慣化していないと、すぐに忘れてしまうことがありますので、他の場所を脱毛していても、ついこの部分を忘れてしまうということもあります。

女性からの印象もありますので、髭など見える部分以外の毛に対しても意識を持っていくようにしたいところです

Similar Posts: