【一番目につく青ヒゲは好感度を下げる】

ヒゲは手入れの仕方や顔の雰囲気によって、よりかっこいい男を演出するものとなりますが、単に清潔感がないとみなされてしまう危険性もありますので、ケアが難しいところでもあります。特に、青ヒゲは顔の中でも視線が集まりやすい場所にありますので、どうしても目立ってしまいます。かっこいよく無精ひげのように伸ばしているのであれば良いのですが、剃っているのにその跡が残っている状態では品がなく、あまり良い印象を与えるものとはなりません。おじさん臭いとか清潔感がないとか、好感度を下げるポイントとなってしまいますので、できるだけ避けたいヒゲのタイプと言えるでしょう。

【処理がなかなか難しい青ヒゲ】

このように、好感度という面では避けたいところですが、なかなかその対処法を見出すのは難しいと言えます。というのも、たいていの男性はヒゲを処理するときは、シェーバーやカミソリを使って剃っていますが、十分にヒゲの根元から剃るのは難しいからです。青ヒゲとなってしまう原因は、ヒゲが濃いもしくは太いことにあり、深めに剃ることができたとしてもヒゲの根元が点々になって残ってしまいます。無理にカミソリやシェーバーで深剃りしようとすると、肌を傷めてしまうことに繋がってしまうでしょう。炎症や赤み、かゆみ、痛みなどを生じる原因となり、慢性的になるとかなりひどい皮膚炎を引き起こすことがあります。青ヒゲよりもさらに品がなく、見た目が悪くなるという結果をもたらすことになりますので、丁寧なケアが欠かせません。

【脱毛の方法を考えてきれいな青ヒゲの処理をする】

青ヒゲはこまめにシェーバーなどでヒゲを剃ったとしてもなかなか解決することができません。一日のうちに何度も髭剃りをするわけにはいきませんし、あまり剃り過ぎると肌の強い人でも炎症などを引き起こすことになってしまいます。剃るという方法では根本的な解決とはなりませんので、常にケアをし続ける必要があります。そこで、何とかして青ひげを処理したいと考える人は、他の方法を試してみましょう。

たとえば、家庭用脱毛器などを使って光の照射による脱毛を試す人もいます。毛根細胞にダメージを与えることによって脱毛をするというもので、永久脱毛ではありませんが、使っていくうちにヒゲが薄くなっていくこともあります。また、医療機関での永久脱毛をするという人もいます。費用と多少の時間がかかりますが、それからずっと髭剃りなどの手間がかからないことを考えると、とても実際的な方法と言えるでしょう

Similar Posts: