【肌のくすみやたるみなどいろいろな治療に用いられるレーザーのタイプ】

美容関連の治療、施術で用いられるレーザーにはいくつかの種類がありますが、最も波長の長いレーザーの一つがロングパルスYAGレーザーと呼ばれるものです。このレーザーは波長が長い分、それほどメラニン色素に吸収されにくいという特徴を持っているため、穏やかな刺激を肌に与えます。こうした柔らかな刺激を活用して、肌のくすみやたるみを取るなど、肌質の改善に良く用いられます。肌の下の層がレーザーの力によって温まるため、細胞の修復効果によって肌の状態が良くなっていくという効果を見られるのです。

【肌の色が濃い人に向いているレーザーの波長】

このロングパルスYAGレーザーは、肌質の改善だけでなく、脱毛でもよく使われます。通常の脱毛では、もう少し波長の短いレーザーを使用して、より効率よく脱毛をすることが多くなっています。しかし、波長が短いとそれだけメラニン色素に吸収されやすいという特性があるため、日焼けをしているなどで肌の色が濃い人は、レーザーが肌に吸収されてしまって火傷や炎症などのトラブルをもたらすこともあります。そのため、肌の色が濃い人は、より波長の長いロングパルスYAGレーザーを使って脱毛をすることになるのです。

【男性のヒゲ脱毛に使われることも多いレーザータイプ】

肌の濃い人の脱毛だけでなく、このロングパルスYAGレーザーは男性のヒゲの脱毛にも使われます。というのも、ヒゲは体のどこよりも紫外線に当たっていて日焼けしやすい部分だからです。また、ヒゲは他の体毛に比べても濃い、つまりメラニン色素が多いので、レーザーを吸収しやすいという特性を持っています。さらに、普段からカミソリやシェーバーを使ってヒゲを剃っていると、どうしても肌が荒れていることが多いので、より効果が穏やかなレーザーを使った方が良いというのもポイントです。

もちろん、効果が穏やかなレーザーと言ってもしっかりとした脱毛効果が見られ、丁寧に処理することによって永久脱毛が可能になります。脱毛した後の肌の状態もきれいになりますので、施術をする前とした後の差は歴然です。青ひげや剃り残しなどは、好感度を下げる理由となってしまいますので、きちんと処理することはとても大事ですが、ロングパルスYAGレーザーを使った脱毛法は他の処理法に比べると効果がとても高いので、多くの男性が医師の施術による安全な脱毛を試しています。

Similar Posts: