おしゃれヒゲは女性だけではなく同性からの人気も高いです。
浅野忠信さん、長瀬智也さん、阿部寛さんなど、男から見ても格好良く男らしく感じます。しかし、いくら格好良いからといって、ただ生やしていては無精ヒゲになってしまいます

不精ヒゲは不潔、だらしない、格好悪いなどの印象があり特に女性からの受けは良くありません。せっかく生やすのなら、清潔感があり女性受けが良く、格好良い男性に見られたいものです。果たして、おしゃれヒゲと無精ひげはどのような違いがあるのでしょうか。

どんなイメージなのか?

おしゃれヒゲのイメージは、綺麗に整えられていて格好良い、外見にぴったり合っていて清潔感のある男性だと感じます。仕事も出来そうに見られます。大人の男性の魅力があり、あこがれる男性も多いはずです。しかし、ファッションのために生やしているはずなのに他者から見るとただのだらしなくに見えてしまう場合もあります。この違いは、おそらく、整えられているか、似合っているか、清潔感があるかどうかだと思います。

おしゃれに見えるポイント

ただ生やしているだけでは、ただの無精ひげです。もちろんただ伸ばしっぱなしでも格好良く見える人もいますが、そんな人は稀です。毎日綺麗にバランスを整えおしゃれに見えるように気をつけるのがポイントでしょう。そのためには、不要な部分は脱毛をするべきです。生やしたい部分に生やして、生やしたくない部分はしっかりと脱毛をしていれば、毎日剃らなくても綺麗なバランスを整えることが可能です。

アンバランス差があってもおしゃれに見えることはありますが、上級者向きです。やはり似合っているかどうか、普段のファッションとマッチしているかがポイントになります。真面目そうなサラリーマンが生やしてたら徹夜明けに見えてしまう可能性もあるでしょう。やはりおしゃれに見られるためにはヒゲが似合うファッションや髪型を意識するべきです

最後に清潔感です。ヒゲは清潔感がないアイテムに感じますが、おしゃれな人は不思議と清潔感がありますよね。そのため、ヒゲが生えていても清潔に見えるように普段から気遣うことが大切です。髪形が整っている、肌荒れしていない、服装もきっちりとしている人であれば、剃り忘れただらしない人、清潔感のない人には見られません。おしゃれのために生やしている格好良い大人の男性に見られるはずです。ヒゲ脱毛をしていれば、徹夜明けでも剃り忘れていても、清潔感をキープしやすいのでおすすめです。

Similar Posts: